レビトラは3大ED薬の中で一番効果が高いと言われています。その理由は、服用してから直ぐに効果が現れますし、食事の影響を受けにくいという部分でからです。では、レビトラのお話していきます。

公開履歴
No1のサインを出す男性

レビトラが何故食事の影響を受けないのかというと、その成分の性質によるところが大きいです。
レビトラが登場する前のED治療薬は、食事の影響がかなりあるという問題がありました。
これはどうしてなのかというと、食事の中に含まれている脂分が胃や腸に油の膜を形成してしまうので、その膜によって薬の吸収が阻害されてしまうからです。
それについてはレビトラも同様であって、そういう意味では食事の影響を受けないというのは正しくは無く、食事による影響はあります。
ただ、レビトラの成分であるバルデナフィルには他のED治療薬と比べて水に溶けやすいという特徴があり、その特徴故に服用した際に身体に吸収されやすくなっているのです。
身体に吸収されやすいからこそ服用してから効果が出るまでの時間が短くなっていて、さらには食事による影響も他と比べて受けにくいのです。
以上がレビトラが食事の影響を受けない理由となっていますが、説明したように食事の影響を受けないというよりも食事の影響を受けにくいといった方が正しく、服用するのは空腹時であるのが最善であるというのは他の治療薬と同じです。
そのために使用する前に食事をする事になった場合は服用のタイミングには気をつけた方が良いです。
出来れば食事をする前の空腹状態で服用するのが良く、その後吸収されるのに最低30分程度は待ってから食事をするのが良いですが、どうしても食後でなければならないのであれば出来れば食事の量は控えめにしたうえで二時間程度は空けるのが望ましいです。
食前だと薬の効果の持続時間の点で不安な点があり、食後だと2時間空けるのは難しいという事も考えられますが、それらの問題については自分なりに工夫をしてカバーする必要があります。