レビトラは3大ED薬の中で一番効果が高いと言われています。その理由は、服用してから直ぐに効果が現れますし、食事の影響を受けにくいという部分でからです。では、レビトラのお話していきます。

  • ホーム
  • 安価な薬価で販売されるレビトラのジェネリック薬

安価な薬価で販売されるレビトラのジェネリック薬

薬の皿とフォークとナイフ

薬には、新薬とジェネリック薬があります。
新薬というのは、初めて企画・開発されて世の中に登場する薬です。
いろいろな実験や臨床治験のプロセスを経て承認されるので、新薬がひとつ登場するにはかなりのコストがかかっています。
一方ジェネリック薬というのは、新薬と同じ内容で製造される薬のことです。
しかし、新薬には製造特許が認められるためにその特許期間は他メーカーが同じ中身の薬を製造することはできません。
特許が無効になると製造が可能で、そうして作られたのがジェネリック薬です。
新薬とジェネリック薬は、それぞれ先発医薬品・後発医薬品と呼ばれることもあります。
レビトラは、有名なバイアグラに続いて第2のED治療薬として登場した新薬です。
体内に元からある、勃起現象を終わらせる時に作用する酵素の働きをブロックするのがレビトラの薬効で、この効果によって勃起力を持続させてED症状をを改善します。
レビトラにも各種のジェネリック薬が製造されていて、特にインドにはジェネリック専門の製薬メーカーが集中しています。
新薬とジェネリック薬を比較した場合、一番の違いは薬価です。
ジェネリック薬は、新薬の何分の1といった安価な薬価で販売されています。
これは、ジェネリック薬では内容のわかっている薬を製造するので新薬のように製造コストがかからないからです。
バイアグラに続いて登場したレビトラはED症状に悩む男性にとっては福音ですが、健康保険の適応外で自由診療の上で処方される薬ですから費用面でかなり高額になってしまいます。
その点、レビトラのジェネリック薬はレビトラとほとんど同じ内容でありながらかなりリーズナブルな薬価で購入できますから、経済的な事情でED治療を断念したという男性にとって新しい福音と言えます。

サイト内検索
人気記事一覧